ハマりそ~~~~♪

思い返せばワタシの料理歴もはや20数年(その割にはレパートリーが少ない気がしますが・・・
そして、これは決して自慢ではないのですが、ワタシはおかず系やお菓子系はそこそこ作れる方だと、自分では思っているのです・・・。

・・・・が、こんなワタシにも1つだけ、どうしても上手く作る事が出来ない=失敗続きの分野があります

それは・・・・パン作り!

今まで何度かホームベーカリーで食パンを作ってみたり(私は材料を入れただけ)手ごねでも作ってみたりしたけれど、ワタシが作ったパンはどれもが 『美味しい』 と思える時間が異常に短いのです(汗)
美味しいのはせいぜいオーブンから出して1~2時間くらい。
それを過ぎると急速に固くなるのです。しかも、その固さがハンパじゃなく、まるで乾パンのよう

しかし、ここで凹んでちゃイケナイ
何故、上手く出来ないのか・・・???
その原因を探るために一発奮起して、先日、とあるパン教室の1日体験コースに参加しました。

そして、そこで分かったことが2つ

①今まではパンを台の上でこねるだけで、叩きつけていなかった(呆)
②パンは発酵段階で膨れれば膨れるだけフンワリしたものになると信じて、ひたすら発酵させまくっていた(恥)

そこで、翌日、以前の無知な自分を反省しつつ、教室で習ったポイントをおさえながら家で復習 

そしたら・・・・。

出来たんです~~~~2時間経っても食べられるフワフワなパンが・・・

正直、ハマりそうですパン作り



初めての成功したじょ~!
パン教室で習ったレシピをお家で復習
ちょっとドキドキしたけど、美味しく出来ました~
しかし・・・卵を塗るのを忘れた~っ





大好物のシナモンロール♪
旦那もワタシも大好物のシナモンロール
超甘党なワタシはアイシングをたっぷり!が好み
自分で作ると好きなだけアイシングをかけられるのが嬉しいんだなぁ~~~
キメ!
シナモンロールの断面です
パン作りの大先輩方が見たらどんな批評を下さるのでしょ~か?(笑)






チョコチップパン♪
チョコチップ入りのパン
またまたアイシングたっぷりです
イケナイと分かっていても、これが止められない(笑)
またまた、ダイエットが遠のきました

祝!動画祭り~♪

ワタシのブログ仲間&ブログの師匠でもあるOjouさんから動画の載せ方を教えてもらったので、今回、初めてワンコ達の動く映像を公開してみることにしました

栄光のトップバッターはもんで~~~す

Ojouさん、いつも何かと親切に教えてくれてありがと~~~~

うちの長女のもんはごはん(つまりドッグフード)が大好きです
3人の中ではいちばん太っているけど人間の食べるものは殆ど欲しがりません。

でも、そんなもんはドッグフードを誰かに横取りされるのだけは絶対にイヤ

なので、ワタシがドッグフードを食べるマネをするとのビデオみたいにもの凄~く警戒しますそれでも食べようとすると目を合わせずに『ウウウ~~~ッ』と唸ります
この必死さがこれまた可愛くて&面白くて、つい何度もからかってしまいます(笑)
イケないママを許しておくれぇ~



宝物。

ワタシにはいくつかの宝物がありますが、この古びたお菓子の本もそのうちの1つですもう、表紙も外れてボロボロだけど、ワタシが11歳の時に初めて手にした『お菓子の本』です。

★それぞれの写真はクリックすると拡大されます♪


ボロボロだけど・・・。
沢山の思い出が詰まった大事な本です。ワタシのお菓子作りの原点は母ですが、この本がワタシに与えてくれた影響もとても大きかったように思います。

この本をめくると子供の頃を思い出します。美味しそうな(当時はそう思えた)お菓子の写真を見ては『どんな味なんだろう?』とか『どうやって作るんだろう?』と、思いを巡らせていました。





母の思い出。
これは最初のページです。当時、オーブンがある家は珍しく、ましてや家で2段ケーキを作るなんて夢のような話でした。しかし、母はせっせと働き?ガスオーブンを買い、その年のクリスマスに私達3人の子供の為に2段ケーキを作ってくれました。




その時のケーキの美味しさは生涯忘れることが出来ません。小さな団地の狭い々台所で皆で肩を寄せ合いながら食べた母の2段ケーキ本当に、本当に美味しかった未だかってあれ以上に美味しいケーキを食べたことはありません
当時、ガスオーブンをいくらで買ったのか、後に母に聞いたところ10万以上はしたようです。今から30年以上前のことですから、現在のお金に換算すると、とても高価な買い物だったと思います。
決して豊かではなかった我が家にどうしてそんなお金があったのか不思議ですが、きっと母がコツコツ貯めたお金で買ったのでしょうね


憧れ。
ワタシがいちばん良く見ていたページです
当時はバタークリームのケーキが主流で、生クリームのケーキには滅多にお目にかかれませんでした。そんな中、食いしん坊のワタシがこのページを穴が開くほどに眺めていたのは言うまでもありません









昔の本ですから、今見ると『えええ~~~っ???』 というデコレーションやレシピが載っています。それらをちょっとだけ紹介します 写真、多めです。

カステラかよっ=3
手前はカステラに桃とミカン(缶詰)をはさんでます上にのっている緑のものはパセリです右手の上は市販のロールケーキの上に生クリームを絞り、みかんとさくらんぼ&パセリを飾ってます当時はお菓子にパセリという組み合わせを不思議に思わなかったのがおかしいですね。



デコレーション?
これもデコレーションの1つでしょうか?(笑)
揚げシューの中にクリームを詰めて、ツリーのように積み上げていくという斬新かつ大胆なデコレーション
センセーの匠の技がシブいです
いちばん上のお星様の飾り、手作り感がいい味出してます(笑)








やぶれかぶれのデコレーション?
スィートポテトのモンブランです
スィートポテトを大胆に絞り出し、溶かした板チョコをぶっかけて&生クリームをヤケクソ気味にのっけたデコレーションですワタシにはモンブランの山が雪崩を起こしたように思えてなりません(笑)







プリンにミカンは・・・?
何故か当時はこれを見て『なんて美味しそうなんだ』 といたく興奮していました(笑)
でも、プリンにみかんはイケません個人的にはかなり嫌いな組み合わせです



スイカに生クリームは・・・。
もう・・・これは犯罪です大きなスイカをくり貫いて&こんなにキレイに飾り切りしたのに、その中に生クリームをドバ~ッと入れるんです 今は母がこのレシピに食いつかなくて良かったと思います(笑)



すり鉢かよっ=3
なんとすり鉢でつくるカップケーキです今では考えられない事ですが、当時はそんなに驚くことではなかったのでしょうね何ともレトロな作り方ですちなみにこのレシピは河野貞子さんという方のものです。私はこの先生のお名前を聞いたことがありますが、お若い方は知らないでしょうねぇ~!(笑)



母のマドレーヌ。
このマドレーヌは母が良く作ってくれました。家に友達が来ると分かるとこのマドレーヌを自慢したくて母にねだって作ってもらっていました自分でもマドレーヌは頻繁に作りますが、やはり母のマドレーヌが世界一ですどんなに工夫しても母の味にはなりません。







母の味には遠いけど。
母のマドレーヌが食べたくなって同じレシピで作りました。でも、やはり母が作った方がう~んと美味しかったです。同じレシピなのにどうしてこんなに違うのでしょうか?

なまら旨かった!さんまの棒寿司♪

この間、ポメマルさんのブログでめぐみくん『しめサンマの棒寿司』が紹介されていました。いつもながらポメマルさんの盛り付けセンスの良さは抜群で、写真のさんまの棒寿司が私には光輝いて見えました

そして、この私は何を隠そう青魚星人あんなに美味しそうなモノを見せられて黙って引き下がるワケには行きませんっ(笑)

・・・で、早速1匹=98円のさんまを手に入れて作ってみました~作り方は至ってカンタン3枚におろしたさんまを甘酢に漬けておき(12時間以上)その後は大葉とサンマを寿司飯の上に乗っけてラップで包み、形を整えてから切ればいいのだ~
ちなみに私はさんまを甘酢に漬ける時に風味豊かな北海道は羅臼産の『走り昆布』も一緒に漬け込みました。

めぐみくんの『さんまの棒寿司』
むっちゃ美味しかった~~~~~
こんなにカンタンに作れるのに、こんなに美味しいなんて・・・
めぐみくんっ美味しいレシピをありがと~~~






そして、もう一品
今、いちじくが旬です私の実家がある地域は福岡県でも有数のいちじく、桃、梨の産地。で、この時期になるとご近所の農家の方から毎日のようにいちじくをいただきます
でも、正直なところ私は生のいちじくはそんなに好きではありません。しかし、いちじくのシロップ煮は大好き
作り方は至ってカンタンヨーグルトに混ぜたり、バニラアイスに添えたり、時には少量の生クリームをかけて食べたりしています。
普通は皮を剥いてから煮るんですが、私は鍋に皮つきのまま軽く下茹でしたいちじくと砂糖&レモン(レモン汁でもOK)を入れて落し蓋をしてコトコト煮るだけです水やワインなどの水分をいっさい使わずにいちじくの水分だけで煮るのがミソ。ちなみにこのレシピは母が農家の方から教えていただいたレシピです

大盛りのいちじく♪
母が農家の方からいただいた大量のいちじくちょっと規格に外れたモノですが、味は抜群うちのひなの大好物でもあります



いちじくのシロップ煮
シロップ煮完成でも、写真は以前作った時のものです。今回は食べるのに夢中で写真に収めるのをすっかり忘れていましたレモンは瓶入りの果汁でも構いません。私は最後に風味つけにラム酒を入れます

お題のなまら旨かった!とは私の愛する北海道の方言でむちゃくちゃ旨かった!とかすんげ~旨かった!という意味で~す
プロフィール

あまおう

Author:あまおう
わんこ(上の写真 左からふう&ひな&もん)と美味しいモノ、そして、北海道をこよなく愛する福岡県在住のあまおうです。
平成20年4月、北海道好きが高じて【北海道フードマイスター】の資格を取得しました♪

2009年9月17日にふう(12歳11ヶ月)が、11月11日にはひな(15歳4ヶ月)が虹の橋へと旅立ちました。
ひな、ふう亡き後の2年と7ヶ月。
おかーしゃんとアツアツの日々を過ごした最愛の娘、もん。
そんなもんも2012年6月18日、大好きなおかーしゃんの腕の中で、おかーしゃんの笑顔に見守られながら虹の橋へと旅立ちました。
その後、ワンコの居ない暮らしを続けていましたが、2015年5月29日に結心(ゆこ)ちゃんを迎えました。

まだまだひよっ子でしゅ♪
ひなは永遠

*script by KT*
ひなが虹の橋に旅立って
もん&ふうは永遠

*script by KT*
ふうが虹の橋に旅立って
もんが虹の橋に旅立って
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
月別アーカイブ
晴れたらいいね♪

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる