スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪花亭(札幌市)さんの“雪ミルク”

4月の北海道フードマイスター合格をきっかけに、いくつかの北海道に関連するサイトにおじゃまさせていただくようになりました
そして、そんな中で北海道を心から愛する方々との素敵な出会いがあり、北海道ブログネットワークというサイトにも参加させていただけることになりました
このサイトは“ブログによって北海道の活性化を図る”という趣旨に賛同した北海道内外の沢山のブロガーの方が北海道や北海道の隠れた名品を応援、各自のブログで紹介しています。

今回、その 北海道ブログネットワーク さんを介して札幌市にある名店 浪花亭さん から“北のおみや” 雪ミルク を送っていただきました
ほのぼのした温かみのあるパッケージが可愛い一品です

DSC07691-1.jpgでも・・・実は私は牛乳がちょっと苦手&お酒は全く呑めないんです
なのに、この 雪ミルク には“牛乳みたいな・・・”&“甘酒みたいな・・・”のキャッチコピー
『大丈夫かな~?』と、恐る々飲んでみました・・・。

雪ミルク をひと口飲むと、口の中いっぱいにミルキーな味わいが広がります。
でも、私の苦手な牛乳の香りは全然気になりません。
喉の奥に広がる甘酒のかすかな香り
何だかとても懐かしい感じがします


ホットでも飲んでみましたが、こちらの方が雪ミルクの優しい風味が更に広がる感じがしました
いちど飲むと忘れられない、優しくてまろやかで懐かしい味です

浪花亭さんからはこれ以外にも “のむトマト酢”“トマトの三杯酢”をいただきました
こちらのご紹介はまた後日させて頂きたいと思います。

今回、浪花亭さん北海道ブログネットワークのまっちゅさんのお陰で今までに経験したことのない味に出会うことが出来ました心から感謝々です
皆さんも是非“食へのあくなき挑戦を続ける”浪花亭さんのHP北のおみや をご覧下さい。
スポンサーサイト

魅惑のマカダミアンタルト!(自己満足編)

DSC07687-1.jpg先日、ブライアさんのところで見たマカダミアンのタルト
洋菓子の中でタルトがいちばん好きなワタシ
これはまさにそんなワタシのストライクゾーンど真ん中でした

後日、ブライアさんのご好意でその味を味わうことが出来たのですが、今回はその最高に美味しかったマカダミアンタルトを自分で再現してみました






完成品を食べてみたら、冗談抜きにブライアさんの作ったものの方が断然美味しかった・・・
でも、とりあえずこのサクッサクッを独り占め出来た満足感(完全な自己満足)には浸れました
ブライアさん美味しいもの、また待ってます・・・(爆)

北海道産小麦で“ナン”作り。

ふうは相変わらず病院通いが続いていますが、そんな中でもワタシのベーキング魂は健在
最近はベーグル作りばかりだったので、今回は“ナン”を作りました。
“ナン”といえば、カレーに合うパンとして知られていますが、市販品は結構お高いです

DSC07679-1.jpgならば、自分で作ってみようという事で初めてのナン作りにトライしてみました。
もちろん、ここでも使うお粉はワタシが愛してやまない北海道産小麦
今回は江別製粉のはるゆたかブレンドです。

作り方はシンプルで発酵は一次のみで焼くのはフライパン。
カロリーの上塗りが大好きなワタシは焼きたてに溶かしバターを塗りましたフワフワな生地にはるゆたかブレンドのモチッとした食感が最高
思わず一人で『グ~~~ッ』を連発しちゃいました

結局、この日は計16枚のナンを焼きました(相変わらず大量生産です)
写真のトッピングはタコライス用に作っておいた野菜たっぷりのチリソース風味のミンチ。
ちょっとピリ辛で甘めのミンチとナンの相性はなかなかのものでした
ピザ風のトッピングやドレッシングで和えたサラダをのせても美味しくいただけそうです。

ふうのこと。

DSC07137-1.jpg我が家には3人のわんこがいて、それぞれに今年で14歳と12歳になります。
そして、そんなワンコ達も人間で言えば60~70歳台。
そのため、最近は色んな病気にかかるようになりました。
特に今年になってからは、“もん”の心臓発作や腎不全、“ひな”の腫瘍摘出手術とアポクリン腺癌の診断。
ず~っと病院通いの日々でした。
そして、やっと、もんの病状が小康状態になったと安心したのも束の間。
ここ10日間ほどで“ふう”の健康状態が悪くなりました。
実は、4月頃から大好きな散歩の時にも足取りが重く、元気も無かったのですが、食欲はあったので、あまり気に留めていませんでした。
でも、3日前くらいから全く食事を食べなくなってしまったので、先日、急いで病院に連れて行きました。
そして、詳しい検査の結果、ふうの病名がクッシング症候群ということが分かりました。
これは脳下垂体や副腎皮質に何らかの異常が起き、ホルモンが過剰分泌される病気で、そのまま放置しておくと様々な臓器に影響が出て容態が急変することもある怖い病気です。
ふうの場合、心臓にも持病があるので更に厄介なことになりそうです。

正直なところ、春先から通院に次ぐ通院で、ワンコ共々、私の方も体力的、精神的にもかなり参っていました。
そんなところに“ふう”の病気が分かり、更にショックを受けているところです。
お恥ずかしい話ですが、通院や検査、投薬などにかかる金銭的負担もかなりのものになってきました。
もちろん、だからといって3人の大切な命を粗末に扱うことなど、絶対に出来ません。
最後まで、きちんと面倒をみながら共に暮らす気持ちに揺らぎはありません。
それに、落ち込んでも3人の病名は変えられないのだから仕方ありません。
今はもう開き直るしか術がないのかもーという気もしていますが・・・(笑)

好きなお菓子&パン作りも、ブログの更新も仕事(わんこ達の治療費捻出の為)も出来る限り今まで通りにやっていきたいと思っていますが、皆さんへのお返事は少し遅れるかもしれません。
そんな時はこのような事情を察していただけたら、とても有難いです
“あまおうさんは大変そうだから書き込みは止めとこう”なんて、遠慮なさらずにこれからも今まで通りにお付き合いいただけたら嬉しいです

今回はあまり楽しい話題じゃなくて、ごめんなさい。
今日、九州北部は梅雨入りしました
でも、梅雨もいつかは明け、夏が来て、秋が来て・・・。
私の梅雨もいつかは明けると信じて頑張ります

今日のおやつ。

DSC07677-1.jpg今日のおやつ
久々に“和モノ”を作ってみました
白玉粉には絹ごし豆腐を混ぜて捏ねました。
こうすると、時間が経っても割りと柔らかいです
ひと串に6個刺し、合計12本出来上がりました
実はこの“みたらし団子”を作る前にベーグルを30個焼きました。
我ながら、好きなことには没頭するタイプだと、改めて思ったりして・・・(笑)
・・・・もしかしてただ食い意地が張ってるだけなのか・・・

日本一の“夢”吊大橋(大分県玖珠郡九重町‘くすぐんここのえまち’)

豊後高田市の昭和の町を後にして、次に向かったのは大分県九重町にある日本一の吊橋 ‘夢’大吊橋 です


DSC07572-1.jpg途中、湯布院の町を一望出来る“狭霧台”へ。

















DSC07571-1.jpg狭霧台から見た湯布院の町
気候のせいか町並みははっきり見えませんが、湯布院の町そのものは山に囲まれていて意外に小さいです。
ここ、湯布院では道の駅に寄り道した以外、町は素通り
(なにせ、我が家では3人のわんこ達がお留守番してますから、あまり遅く帰れないんですよねっ



DSC07579-1.jpg九重“夢”大吊橋の概略図・・・写真ではちゃんと見えませんね
何でも高さ173メートル、長さ390m、耐重量は117トンで大人1800人が一度に乗っても大丈夫らしいです
そして、お値段は20億円・・・
ちなみにこの吊橋は日本一だそうです




DSC07574-1.jpg吊橋の全景です
この吊橋、さすがに吊ってあるだけあって、歩くとユラ~ッと揺れるんですっ
この揺れに最初はビビっちゃいましたが、そのうちに慣れちゃいました。
でも、途中、恐怖のあまり歩行不能になってる人を何人か見かけました
高所恐怖症の方は渡るのは止めた方がいいかも・・・(笑)









DSC07576-1.jpg高さ173メートルからの眺めです
この写真を撮ってる最中に相方に背中を押され、あまりのコワさにキレました(笑)










DSC07585-1.jpgここらで、またまた腹ごしらえです
来る途中の道の駅“おこしかけ”で購入した格安&美味しいお弁当
いまどき、この安さは感涙モノです
オンナの子的?にはデザートの柏餅が嬉しかったりして・・・(笑)













CA390056-1.jpgDSC07614-1.jpg





お弁当を買った道の駅“おこしかけ”は地元野菜や果物も格安
この苺、実は形が不揃い&小粒な“あまおう苺”ちゃん
それが、なんと1箱300円ですっ
ソッコーで2箱購入後日、苺ジャムにしました。
チープで美味しいゴハンを2回も食べて、楽しい&懐かしい&怖い思いもいっぱいして・・・久々に楽しい休日でした


プロフィール

あまおう

Author:あまおう
わんこ(上の写真 左からふう&ひな&もん)と美味しいモノ、そして、北海道をこよなく愛する福岡県在住のあまおうです。
平成20年4月、北海道好きが高じて【北海道フードマイスター】の資格を取得しました♪

2009年9月17日にふう(12歳11ヶ月)が、11月11日にはひな(15歳4ヶ月)が虹の橋へと旅立ちました。
ひな、ふう亡き後の2年と7ヶ月。
おかーしゃんとアツアツの日々を過ごした最愛の娘、もん。
そんなもんも2012年6月18日、大好きなおかーしゃんの腕の中で、おかーしゃんの笑顔に見守られながら虹の橋へと旅立ちました。
その後、ワンコの居ない暮らしを続けていましたが、2015年5月29日に結心(ゆこ)ちゃんを迎えました。

まだまだひよっ子でしゅ♪
ひなは永遠

*script by KT*
ひなが虹の橋に旅立って
もん&ふうは永遠

*script by KT*
ふうが虹の橋に旅立って
もんが虹の橋に旅立って
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
月別アーカイブ
晴れたらいいね♪

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。