スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふうと小雪さんのお話。

ふうの命日を迎えてメソメソ&しんみりしてた私にお友達の 小雪さん から〝ふうちゃんとまたお話してみました〟って、メールをいただきました

弱虫なおかーしゃんとは正反対なあっけらか~~~んなふう(笑)
どうやら、自分の命日も忘れてたみたいです(爆)

しかし・・・こんな風にあっけらか~~~~んとされると、ふうを想って泣いてた私は何なのよっ!?って思っちゃう!
でも、これがお転婆で天真爛漫なふう
ここにいた時も、向こうに行っても、やっぱり、ふうはいつもふうです


DSC05133-3.jpg


ではでは
小雪さんとふうの会話です


ふう、また呼んじゃった!

うん、いいよ!

あのね、今日はふうがこっちへ来た日なんだよ

そうだっけ?

うん、おかあしゃん、ふうを思って泣いてると思うよ。

うん、知ってるよ。見てたから。

そう。

でもね。いまもふうたちそばにいるんだよ。

そうなんだ。

おかあしゃんがおうち出て行くとき見送ってるの。いってらっしゃいって。

そうなんだ~。

・・・と、公開できるのはここまで~!(笑)

この後の会話はちょっとね、おかーしゃんの密かな決心というか、プライベートがね、バレちゃうので・・・

それとね、大昔、ふうがオオカミさんだった頃におかーしゃんとはちょっとした顔見知りだったみたいです。
現代風の飼い主とペットとかじゃなくて、一緒に暮らしたーとかじゃないみたいだけど、ふうといくつもの時代を越えてまた巡り会えただけでおかーしゃんは嬉しいなぁ~


毎朝、ひな&もん&ふうの写真を撫でながら、〝おかーしゃん、行って来るけんね!〟って声をかけるのが日課のおかーしゃん。
みんな、今でもあの頃と同じようにおかーしゃんを見送ってくれてるんだね。

実はおかーしゃんも何となくそんな感じがしてたんだ
みんなが見守ってくれてるような、〝頑張って!〟って、そっと背中を押してくれてるような。

みんなのそんな姿が見られたら。
ホントはもっと、もっと元気が出るのになぁ~(笑)


姿はなくてもつながっている気持ちと気持ち
それが今のおかーしゃんの支えかな。

天国に行ってもなお、おかーしゃんを勇気づけてくれるなんて。
まったく~!みんなどこまで親孝行なのよ~


いつもクリックして下さってありがとうございます
(左からふう&もん&ひな)


にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ふうが旅立って4年。

今日はふうの4回目の命日。

あの日からもう4年・・・まだ4年。
どちらなのか、自分でもよく分かりません。

ブログにアップする為にふうの写真を選んでいたのですが、ほんの数枚見ただけで涙がこぼれてしまい、じっくり選ぶことが出来ませんでした。

あの日の朝、ふうの死を告げる病院からの電話。
先生の低い声。

今でもあの日の情景を思い浮かべると、胸が締めつけられるようです。

全く思いがけなかったふうの旅立ち。

いつものように元気に戻ってくると何の疑いもなく信じていただけに、ふうの死の衝撃は今でも私の心に深く、深く突き刺さったままです。


ふう4回忌

旅立つ6日前のふう
この時、ふう自身ももうすぐ自分が旅立つなんて思ってなかったんじゃないかな?
鼻水を垂らしたふうの顔に大笑いしながら写真を撮ったことがつい昨日のことのようです。


あれはいつだったかな?
家具の組み立てに夢中になってたおかーしゃんの足元に突然座り込んだことがあったね。
おかーしゃんが〝ふう!今はジャマだから向こうに行って~!〟と何度言っても、頑としておかーしゃんの足元から離れようとしなかったよね。

ふうは決して自己主張の強い子じゃなかった。
でも、あの日のふうはふうなりにどうやったらおかーしゃんの気を引けるか考えたんだよね、きっと。

おかーしゃんはね、あの時どうして家具の組み立てなんか放り出してふうを抱きしめてやらなかったんだろうーってね、ちょっぴり後悔してるんだ。

おかーしゃんと暮らした時間はいちばん短かったけど。
おかーしゃんはふうを心から愛してたよ。

おかーしゃんはふうをいつまでも、いつまでも。
心から愛しているよ。

ねえ、ふう・・・・ひなやもんと時々はお家に帰って来て、あの時みたいにおかーしゃんの足元に座り込んでよね。



いつもクリックして下さってありがとうございます
(左からふう&もん&ひな)


にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

グッチちゃん、永遠だよ。

また、大好きだったワンちゃんが虹の橋へ旅立ちました。

まだまだ、ママやパパやお姉ちゃんと一緒にいて欲しかったけど。
今日という日がグッチちゃんが自分で決めた旅立ちの日だったんだね。

どことなく、優しいお顔が我が家のもんに似てたグッチちゃん。
そんな事から一方的に近親感を抱き、いつのまにかグッチちゃんの大ファンになっていました。

マイペースでのんびり屋さんのグッチちゃん。
アイスクリームやチーズケーキが大好きで、ママやお姉ちゃんのアンヨの上が大好きだったグッチちゃん。
ずっとパパとママの仕事場の受付として頑張っていたグッチちゃん。
家族みんなでまったり過ごす何気ない時間が大好きだったグッチちゃん。
いつも家族の輪の真ん中にグッチちゃんがいました。


グッチちゃん-2


グッチちゃん、いつか会える日まで。

グッチちゃんのこと。
みんなずっとずっと忘れないからね。

グッチちゃん、ありがとう。
もんがいなくなって寂しかったあまおうオバちゃんにグッチちゃんは沢山の笑顔をくれました。



いつもクリックして下さってありがとうございます
(左からふう&もん&ひな)


にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村





がんばれ!グッチちゃん!

私の大好きなグッチちゃん
先月、めでたく17歳のお誕生日を迎えたばかりなのに、肺水腫になってしまいました。

今、ママと二人三脚で一生懸命に病気と闘っています。

お友達のアニマルコミュニュケーター小雪さんがグッチちゃんとお話してくれました。
(小雪さん、急なお願いを快く引き受けて下さって本当に有難うございました)



何の才能もない今の私には祈るしか出来ません。
悔しくて情けないけど・・・心から祈ることしか出来ません。

肺水腫は怖い病気です。
うちのひなも度々危険な状態になり、その度に私の心は不安と恐怖でいっぱいでした。

今のぐっちママさんのお気持ちを思うとたまらなくなります。

これまでにも沢山々頑張ってきたグッチちゃんとママ。
そんなお二人に更に〝頑張って!〟って言うのは心苦しいけど。

でも・・・やっぱり、まだまだ頑張って欲しい!
グッチちゃんには大好きなぐっちママやパパやお姉ちゃんと一緒の時間をもっともっと過ごして欲しいです。

どうか、沢山のお友達の祈りが神様に届きますように。


グッチちゃんー1



いつもクリックして下さってありがとうございます
(左からふう&もん&ひな)


にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
プロフィール

あまおう

Author:あまおう
わんこ(上の写真 左からふう&ひな&もん)と美味しいモノ、そして、北海道をこよなく愛する福岡県在住のあまおうです。
平成20年4月、北海道好きが高じて【北海道フードマイスター】の資格を取得しました♪

2009年9月17日にふう(12歳11ヶ月)が、11月11日にはひな(15歳4ヶ月)が虹の橋へと旅立ちました。
ひな、ふう亡き後の2年と7ヶ月。
おかーしゃんとアツアツの日々を過ごした最愛の娘、もん。
そんなもんも2012年6月18日、大好きなおかーしゃんの腕の中で、おかーしゃんの笑顔に見守られながら虹の橋へと旅立ちました。
その後、ワンコの居ない暮らしを続けていましたが、2015年5月29日に結心(ゆこ)ちゃんを迎えました。

まだまだひよっ子でしゅ♪
ひなは永遠

*script by KT*
ひなが虹の橋に旅立って
もん&ふうは永遠

*script by KT*
ふうが虹の橋に旅立って
もんが虹の橋に旅立って
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
月別アーカイブ
晴れたらいいね♪

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。