いのちを預かる責任 Part 1

P1010657-1.jpg モーレツな眠気と戦ううちにに何故か口が開いてしまったもん
相変わらず食欲はないままだけど、時々、こうして母の気持ちを癒やしてくれます






今の家に引っ越してきた17年前、1年以上悩み続けて犬を飼うことを決めた時、どんな事があっても絶対に最後まで面倒をみようと強い決意でひなを迎えた私達夫婦

でも、どこかノーテンキな私達。
その時の『どんな事』の中にお金の問題を入れるのをすっかり忘れていました

犬も人間同様、年齢と共に色んな病気が出てきます。
おまけにワンコは人間の4倍のスピードで年をとります(小型犬の場合)

・・・という事は病気の出現も進行スピードも4倍。

はっきり言って、これは人間の想像を超えてます・・・

ワンコと暮らすことは現実です。
実際には甘い話、楽しい話、きれいごとばかりではありませんでした。

ひながかかった病気だけで凄い数です。
手術や入院も沢山しました。
そして、当たり前の事ですが、病気の数だけ医療費もかかりました。
また、誰かが病気になるたびに先行きの不安や心配も尽きませんでした。

ひなは大きなものだけで乳腺腫瘍(悪性&良性)、ヘルニア、角膜炎、白内障、緑内障、アカラス、腎不全、僧房弁閉鎖不全症、慢性肝炎、クッシング症候群、アポクリン腺癌など。

ふうは僧房弁閉鎖不全症、腎不全、眼瞼腫瘍、角膜潰瘍、白内障、乳腺腫瘍(良性&悪性)、クッシング症候群など。

もんは現在進行形のものも含めると、乳腺腫瘍(良性)、角膜炎、結膜炎、白内障、僧房弁閉鎖不全症、腎不全、慢性肝炎、クッシング症候群、脂肪腫、脂漏性皮膚炎など。

いったい、小さな病気まで加えたらどれくらいの数になるでしょうか?
もう、数えるのも怖いくらいです・・・

そんな中、我が家が直面した大きな問題のひとつがワンコ達の医療費の問題でした。

特にここ2年間は3人(匹)の年齢に比例するように毎月の医療費はすごい勢いで増えていきました。

下の数字は昨年までの3年間にわんこ達にかかった費用の概算です。
この中にはエサ代やペットシーツ、カット代なども含まれますが、約7~8割は医療費です。

2007年(ひな13歳、もん&ふう11歳) 362,537円(月平均 30,210円)

2008年 (ひな14歳、もん&ふう12歳) 1,027,336円 (月平均 85,610円)

2009年 (ひな15歳、もん&ふう13歳) 1,182,381円 (月平均 98,531円)

この金額が多いのか少ないのかは分かりません。

それぞれの家庭にそれぞれの考えがあり、それぞれの経済状態がある限り、どの金額が妥当なのか私には見当もつきません
中には 『こんなにかかるの?』 と驚く方もいらっしゃるだろうし、『たったこれだけなの?』 と驚く方もいらっしゃるでしょう。

なので、これはあくまでも我が家の場合です。

でも、正直なところ、私自身はワンコにこんなにお金がかかるとは、ひなを迎えた時には想像もしていませんでした。
考えが甘かったのひと言です。

動物の医療保険もひなを迎えた当時はあまりメジャーなものではなかったので入っていませんでした

でも、どんなに医療費がかかってもひなやもん、ふうを見捨てるような事だけは絶対にしない(出来ない)と、それだけはいつも心に誓っていました

大袈裟な言い方ですが、『石にかじりついてでも・・・』の心境です

しかし・・・運が悪いというか、間が悪いというか、ワンコ達の医療費が右肩上がりになるのとほぼ同時期に世界的な不況の影響をモロに受け、旦那のお給料は約2割カット、ボーナスは1/4になりました。


おまけに私はひなの介護の為にフルタイムの仕事を辞め、早朝のパート勤務に転職。
お給料はフルタイム時の6割くらいになってしまいました

そんな事情で我が家の総収入は右肩下がり・・・

それでも住宅ローンの支払いは待ってくれません。
保険や税金の支払い、それに加えて日々の生活費も人間の医療費も必要です。

だから・・・この2年間は本当に本当に苦しかった・・・

・・・とても恥ずかしい話ですが・・・今日、ここで正直に話します・・・

私はわんこ達の医療費を捻出する為に3食を鯖缶や卵かけ御飯でしのいだ事が何度もありました。

水道光熱費を節約する為にシャンプーを一日おきにした事も・・・

旦那はここ数年、新しく洋服を買った事がありません。

果たして・・・これは本末転倒なことでしょうか?

でも・・・私達夫婦は自分の意志で3人の大切な命を預かったんです

ひなやふう、もんが旅立つ日までずっと一緒にいたいーって、心からそう思ったのです

だから、自分達が出来うる限りの事はしなければーと。

だって、ひなは自分の意志で私達の所に来た訳ではないんですよね。

変な言い方だけど、ひなは自分の意志に関係なくある日突然、私達の元に連れてこられたんです。

だから、私達に出来ることはそんな運命を背負ったひなを幸せにすることだけだったんです

でも、私はそんな自分が偉いなんて、これっぽっちも思っていません。

それどころか・・・ひなやふうにもっと何かしてあげられたんじゃないかーって気持ちの方が強いくらいです。

2人への後悔も沢山あります。

ただ・・・ひとつだけ誇れるものがあるとしたら

当たり前の事ですが、どんな事があっても絶対に最後まで責任を持つという強い意志だけです。

命を預かるーという事はすごく楽しくて、すごく幸せな事だけど、同時にすごく重くて、すごく怖いことです。

だから、その覚悟や自信がない人間はワンコを飼おうーなんて安易に考えてはいけないし、その資格もありません。
そんな人にはヌイグルミで十分です。

安易な気持ちでワンコを飼うことだけは絶対にして欲しくないんですっ

つまり・・・私がいちばん言いたい事は・・・

大切な命を預かるーって事は一生変わらないほどの強い決意が必要なんだ!

・・・って事なんです。

長くなりそうなので、続きはPART2で・・・


にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

わかりますよぉぉ~。。。。。。。。。


もうね、だからあまおうさんから
みににプレゼントなんて頂いてしまったとき
心苦しくて(涙)

うちは両親なので 年をとってる分?
蓄えがあるからまだよかったけど
それでも、大きな保険を解約しましたからi-195

大きな病気の飼い主のオバチャン達は
み~んなウチもよ!とかいいますね
やっぱり。


ただ保険っていっても
救急の時の支払いの○○限定とか
そんな状況ないから・・・っていうのしか
対応じゃないんですよ。
だから気休め?・・でもその支払い自体も
イタイですしね・・・・・微妙です。


KURTの場合は飲んでいる薬の種類が多い
そして、高いものが多いので
純粋に薬代だけで10万はかかります(涙)

年老いて、病気いっぱいで
捨てられる老犬も こうした理由もあるのでしょうね・・ 

でも、
自分の食べるものはどうでもいいけど
ワンにはそうさせたくない!
そう思うものですよね。

ワンが嬉しそうな顔をしていたら
たとえ生活苦になっても・・それでいいんですよねe-420
そんな風に思ってしまう。

v-22みにままさんへv-22

このブログをアップした時、心優しいみにままさんのことだから・・・もしかしたらプレゼントの件を恐縮されるんじゃないかーって・・・心配でしたe-263

でも・・・私はみにままさんから受けた大きな優しさを自分のモノだけにしたくなかったんですよ~~~

あの時の嬉しさはハンパじゃありませんでしたから、どこかで私もお返ししたいーって、素直にそう思ってたんですe-420

幸せな気持ちや嬉しい気持ちの独り占めは罪です(笑)

やっぱり・・・私も自分以外の誰かを幸せな気持ちにしたいし、嬉しい気持ちにもしたいんです(まだ全然出来てないけど)

だから、絶対に気にしないで下さいっv-363
お願いですから、申し訳ないなんて思わないで下さいねv-421


私がこの記事をアップした理由は2つ。

ワンコと共に暮らす中では予期せぬ事が起こることがありますよーってこと。

それはワンコ自身の健康問題だったり、人間側の経済状況だったり、生活の変化だったり。

そして、それでもアナタは最後までワンコと共に暮らす強い意志がありますか?ってこと。

どんなに状況が変化(悪化)してもワンコを見捨てずに最期まで共に生きる覚悟がないままに安易にワンコを飼う人もいるんですよね、悔しいけど。

だから・・・金銭的な話は避けて通れなかったんですe-330

ワンコの命は飼い主のモノなんかじゃない。

ワンコの命はワンコのモノです。

その命を無駄にしたり、粗末にしたりする権利は誰にもないはずなんですから。

>ワンが嬉しそうな顔をしていたら
たとえ生活苦になっても・・それでいいんですよね
そんな風に思ってしまう。<

ワンコと暮らす人みんながみにままさんみたいな気持ちでいてくれたら辛い思いをするワンコもいなくなるのになーって、そう思いますv-363


。。。再び登場e-466(笑)


そんなそんな・・・
自宅にあったもので少しばかりでしたが
なんでもいいから!!たべてーー!!と
殺気立って(汗) 勝手に遅らせていただいた次第です・・・!
ありがとうございます、あまおうさんe-267


命なんだから 大事にして当り前だと思うけれど、人間の子供も産み捨てるような人もいるくらいだから・・・・
どうにかしてるんでしょうね・・・・

病院で、痛がるワンちゃんをみるのがつらいからと
私がいない所で処置をして!っていうおばさんがいました。

。。でも、痛がるワンちゃんはおばさんが居ないともっとつらいのに。
おばさんのことブン殴りたかったです。


自分が癒されたいときにだけ必要で
そうでないキモチに変わったら不要って・・
こんな飼い主がいるのに、
罰せられない世の中なのが もどかしい。

・・・なんだかまとまりのない
コメントしてごめんなさい(笑)
パート2も楽しみにしておりますですe-278

生き物を預かるというのは本当にお金もかかりますね。
幸いにも家はまだ健康で病気でクリニックを訪れるのは年に1、2度です。
0才の時にちょっとお腹を壊したら以前のクリニックではちょっと置いていって下さいとお泊まりで3日間もで請求書をみてビックリ。何でもなかったようです。
それ以来ペット保険に入りました。
今月更新手続きがきて昨年は1度しかつかわなかったので更新どうしようかと悩んでます。
でもこれから病気が出てくる可能性がありますね。
それにしてもお金かかりますね。家のダンナは春からリタイヤで年金生活にはいります。
自分たちだって大変なのにどうしよう。
でも命を預かった以上は最後までみないとですね。やはりペット保険は更新します。
今月から恒例の役所の仕事が始まりますがこれはハンナの年間にかかる諸費用のためなんです。病気になったらこんなものでは間に合わないですね。覚悟しておかないと。

あまおうさん、おはようございます。

そうだよね。

若い時は病院にも滅多に行くことも無く、元気にしていてくれる。

でも人間と同じで、どんなに丈夫だった子でも歳を取れば、どこかしら具合いが悪いとこも出てくる。

ルドは私が責任を持って迎えた1番目の子。
ご飯は食べてくれなくて結構大変な子でしたが、丈夫な子で病院も滅多に行くことも無かった。
11歳になってから、病院に行く回数も増えて、最後は何回薬を取りに行ったか、お金もどれくらい使ったかはわかりません。

でも、それほど私達に苦労させる事も無く、逝ってしまった。
親切に寿命だったんだよ。って言ってくれる人もいるけど、やれる事がまだあったって思ってしまう。後悔もいっぱいしてる。

いつか・・・新しい命を我が家で迎えようかと思っても、その子の一生を責任が持てるか考えて、行動しようと思います。





v-22みにままさんへv-22

再登場v-352大歓迎ですv-363(笑)

いやいや、あんなに沢山のおやつやミルクをひなの為にーと、ソッコーで送って下さったみにままさんのe-269殺気e-269(笑)とe-266優しい心e-266
本当に胸に沁みましたv-352

こちらこそ、ありがとうですe-466

>自分が癒されたいときにだけ必要で
そうでないキモチに変わったら不要って・・
こんな飼い主がいるのに、
罰せられない世の中なのが もどかしい<

本当にそう!

こんな酷いことをする人間の精神構造ーって、本当に信じられないv-359

もうね、そんなヤツらは今すぐ地獄に落ちろ&刑務所に行けッv-363ですv-359

ワンコの命も人間の命も同じ命v-352

そんな小さな命を慈しむ優しい気持ちを持った人間だけでこの日本が出来てるといいのにーって、本気で妄想してますv-352

v-22ポメマルさんへv-22

本当にそうですね!

ひなは小さな時からちょこちょこ病院通いをしてましたが、それでもシニアになってからの方が通院の回数も入院も多くて、お薬の種類もウ~ンと増えて出費がかさみましたe-263

特にうちは病気の発症時期が3人がほぼ同時という、ある意味奇跡みたいなことが起こったので本当に大変でした。

ふうが飲んでいたお薬なんて、小さな1錠が1,400円でしたe-350

幸いにもふうは小型犬で1日に半錠だけだったんですが、それでも、そのお薬だけで月に21,000円ですe-233

もし、大型犬だったらどうなっていたか分かりませんe-263

今のハンナちゃんは元気ハツラツe-343
健康優良児ーって感じだけど、10歳を過ぎたら少し注意が必要かもしれません。

特に小型犬に多い心臓の病気には気をつけてあげて下さいね。

v-22ルドママさんへv-22

ワンコって、10歳過ぎるとかなりの確率で何かの病気になりますよねe-263

もちろん、病気の種類の違いはあるけど。

悲しいけど・・・それが現実ですねe-350

自分が使う時は1,000円でも躊躇するのに(笑)、ワンコの病院では1回の通院でその1,000円札が何枚もヒラヒラ飛んでいくんだものe-233

もう、病院の窓口で何度ヘンな汗かいたことか~(笑)

でもね、どんなに力を尽くしても我が子が天国に逝っちゃったら、もっと何か出来たんじゃないかーって、後悔しちゃうよね。

ルドママさんの気持ち。
私も同じだから、とても良く分かるよe-2

>いつか・・・新しい命を我が家で迎えようかと思っても、その子の一生を責任が持てるか考えて、行動しようと思います。<

私も同じ気持ちよe-2

年齢的にも経済的にも精神的にも、もう多頭飼いは無理だと思うな~e-330

ワンコの健康も大切だけど、自分の健康も同じくらい大切だしね。

私達の年齢になるとそこのことは冷静に見極めないといけないよね~

>当たり前の事ですが、どんな事があっても絶対に最後まで責任を持つという強い意志だけ

ほんとだよねぇ~ 当たり前だと思うけど、これが出来ない人が沢山いるからおどろく。 あまおうさんや私や、ここに集ってる人たちにとっては、ペットは家族であり、苦しむ子供を命を張って守らない親がどこに居ようか?と思うんだけど、それが出来ない人が多い。

今日もCATNAPのボランティアさんのブログで、体中皮膚病でどうしようもないと、飼い主持込みのキャバリアを見て絶句した。 治らない病気だといいながら保健所にもちこんだらしい、散々繁殖の為に使っておきながら。 せめて獣医に連れて行ってれば、安楽死の道があろうに、保健所では安楽死じゃないからね。 苦しみながら殺されるんだ! それでも飼い主を慕いながら・・・

保護団体に引き取られて良かった。 今度こそ、自己中心じゃなく、愛情を持って最後まで付き合ってくれる飼い主に出会って欲しい。 出来るなら私が欲しい・・・けど海外在住者に出来る事は知れてるからね(涙) 

おじょーは病気がちな子だったけど、今双子のチビを抱えて、夢の多頭飼い生活で思うことは・・・何でも倍かかる(汗) あまおうさんの所なんて3ワンコやもんなぁ~ おじょーの最後の5日間だけで、$4000かかった。 おじょーは居なくなり、支払だけが残って、とても寂しい思いをしたのを覚えてます。 幸いThumperもZorroも健康優良児だけど、何時までも若いままでは居てくれないから、今後を考えてあまおうさんみたいに、毎月貯金しなくちゃ。

動物を飼うということは
大切な命を預かるということ
ほんとにそのとぉりです
あたしも3わんいたときの医療費は大変でした
わんこのために我慢しないといけないこともありました
でも苦にはならないですよね
わんこ達も美容院代を節約するために
へたくそなママのバリカンに耐えてたわけやしぃ
昨年チーコは子宮蓄膿症にかかり
手術&3日間入院で18万円ほどかかりました
病院に相談したら分割払いでいいとおっしゃってくださったので
手術を受けることができました
チーコは今年13歳になるので
この先病院のお世話になることが増えると思うけど
大切な命を守るためにがんばるのみですよね
明日もチーコのためにせっせと働くのじゃぁ~

v-22Ojouさんへv-22

犬を飼うのに資格審査と飼育状況の追跡調査みたいなもがあればいいのにーって、時々妄想してる(笑)

自分の都合でワンコの犬生を操っておいて、都合が悪くなったら人の手に委ねてその命を消し去る・・・。

こんな酷いことが出来るなんて、人間として最低も最低。

自分の手にかけるのと同罪v-359
もう、こんなヤツらは人間と認めたくもないわv-359

いっそのことワンコと同じ目に遭わせてやりたいv-363

今はワンコがもん一人だけになって金銭的な負担は随分と軽減されたけど、もんも今年で14歳。
これからも何があるか分からない。

今の経済状況では『備え』は無理だから・・・(笑)

せめて、気持ちくらいは覚悟しておかないとねv-363

Ojouさんも2人の可愛い娘の為に今のうちに頑張って備えなきゃね~e-233

v-22うかなんさんへv-22

本当にそうv-364
私も今働いてるのは100%もんの医療費の為です。

本当はフルタイムで働いて収入を増やしたいけど、今のもんの容態(この3日間で心臓発作が5回も・・・v-406)ではとても無理。
きっと、家で留守番してるもんの事が気になって仕事に集中出来ないですv-356

しかし・・・ワンコの医療費・・・
もう少し何とか安く出来ないものでしょうかねぇ~!?

かかりつけの先生は我が家のあまりの出費に同情して、薬価の高いお薬だけは少しマケてくれてますが・・(笑)

それでも、心の中では『全部マケて~っv-363』って、手を合わせて懇願してます(爆)

チーコちゃんももんもこれからも一緒に頑張っていこうねv-352

そして、うかなんさんと私は・・・

これからも愛おしい娘の為に頑張って働きましょうe-330
プロフィール

あまおう

Author:あまおう
わんこ(上の写真 左からふう&ひな&もん)と美味しいモノ、そして、北海道をこよなく愛する福岡県在住のあまおうです。
平成20年4月、北海道好きが高じて【北海道フードマイスター】の資格を取得しました♪

2009年9月17日にふう(12歳11ヶ月)が、11月11日にはひな(15歳4ヶ月)が虹の橋へと旅立ちました。
ひな、ふう亡き後の2年と7ヶ月。
おかーしゃんとアツアツの日々を過ごした最愛の娘、もん。
そんなもんも2012年6月18日、大好きなおかーしゃんの腕の中で、おかーしゃんの笑顔に見守られながら虹の橋へと旅立ちました。
その後、ワンコの居ない暮らしを続けていましたが、2015年5月29日に結心(ゆこ)ちゃんを迎えました。

まだまだひよっ子でしゅ♪
ひなは永遠

*script by KT*
ひなが虹の橋に旅立って
もん&ふうは永遠

*script by KT*
ふうが虹の橋に旅立って
もんが虹の橋に旅立って
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
月別アーカイブ
晴れたらいいね♪

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる