釧路湿原へ (北海道1人旅 10/19)

阿寒湖畔とオンネトーの紅葉を楽しんだ後は釧路へ移動。
釧路で是非とも見たかったのは言わずと知れたあの〝釧路湿原〟

途中、タンチョウの越冬地として有名な鶴居村にある鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリに立ち寄ったのですが、本格的な飛来は11月になってからーとの事で、残念ながら、そこにはタンチョウの姿はありませんでした

実はこの施設へ行く途中、道路脇の田んぼにタンチョウが3羽いて、〝おお~~っ!〟と思ったものの、あいにく後ろから車が来ていたので、止まれずにそのまま通り過ぎてしまいました。
こんなことなら、写真を撮っておけば良かったな~

ちなみに、タンチョウは田んぼに落ちている落穂などを餌にしていて、田んぼの餌を食べ尽くして餌がなくなるとこの施設の給餌場にやって来るらしいです。
日本のタンチョウは、毎年、春から夏は湿原で産卵・子育てをして、秋から冬は人里で越冬・求愛と、季節によって場所を変えながら生活しているんだそうです。
私はタンチョウはロシアなどの北方から飛来してくる渡り鳥だと思ってましたが、違うんですね~!

ではでは
釧路湿原の様子です

IMGP5077-1.jpg

IMGP5079-1.jpg

IMGP5081-1.jpg

釧路湿原にはいくつかの展望台があるのですが、私が行ったのは湿原の東側にある細岡展望台
目の前に広がる景色の全てが釧路湿原です
でも・・・展望台の下にある木々がジャマしてなかなかスッキリと見えないんですね、コレが

なので、とりあえず動画で撮影してみました。
風の音が凄いけど、写真よりは釧路湿原の雄大さが伝わるかな!?




湿原が今の姿になったのは3000年ほど昔のこと。
そんな古代から変わらずにある湿原を現代に生きる私が今、見ている不思議

〝やっぱり、自然はすごい、本当にすごい、それに比べて人間ってなんて小さい存在なんだろう〟
そんな思いで目の前の風景を言葉もなく見つめていました。

釧路湿原は日本でいちばん大きな湿原で湿原の中に東京都心がすっぽり入るほどだとか。
そして、湿原の北から南までの距離は、埼玉県の大宮駅から東京都の品川駅までの距離とほぼ同じ。
(と言われても九州に住んでるので全然実感出来ないけど・・・)
こんなデカい湿原、どう頑張っても写真で伝えることは出来ないですね


旅の前半は食事付きの少々お高いホテル、後半は食事無しのリーズナブルなホテル。
この日のホテルはそのリーズナブルなホテルに宿泊(笑)
そして、当然のことながらそのリーズナブルなホテルは夕食がないので、ホテルに向かう途中にある回転寿司のまつりやさんで旬真っ盛りのトロさんまや筋子のにぎりを堪能しました
(残念ながら写真はありません



いつもクリックして下さってありがとうございます
(左からふう&もん&ひな)


にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

あまおう

Author:あまおう
わんこ(上の写真 左からふう&ひな&もん)と美味しいモノ、そして、北海道をこよなく愛する福岡県在住のあまおうです。
平成20年4月、北海道好きが高じて【北海道フードマイスター】の資格を取得しました♪

2009年9月17日にふう(12歳11ヶ月)が、11月11日にはひな(15歳4ヶ月)が虹の橋へと旅立ちました。
ひな、ふう亡き後の2年と7ヶ月。
おかーしゃんとアツアツの日々を過ごした最愛の娘、もん。
そんなもんも2012年6月18日、大好きなおかーしゃんの腕の中で、おかーしゃんの笑顔に見守られながら虹の橋へと旅立ちました。
その後、ワンコの居ない暮らしを続けていましたが、2015年5月29日に結心(ゆこ)ちゃんを迎えました。

まだまだひよっ子でしゅ♪
ひなは永遠

*script by KT*
ひなが虹の橋に旅立って
もん&ふうは永遠

*script by KT*
ふうが虹の橋に旅立って
もんが虹の橋に旅立って
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近のコメント
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事
月別アーカイブ
晴れたらいいね♪

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる